ハードコンタクトとソフトコンタクトの特徴

コンタクトには大きく分けるとソフトコンタクトレンズとハードコンタクトレンズの二種類がレンズタイプとして挙げられます。それぞれ特徴があり、人によって好みが異なるので、特に初めてコンタクトレンズの着用をする方は二つの特徴について把握しておくと良いでしょう。では、どんな特徴があるのでしょうか。

まず、ハードコンタクトレンズですが、コンタクトレンズの中でも小さなサイズで、水分を含まないことが特徴的です。ハードコンタクトレンズには三つの酸素供給経路があると言われており、働きとしては目に必要な酸素を角膜へと送ってくれます。また、異物やキズが付くと目に違和感が出るため、異常を見つけやすいのもハードコンタクトレンズの特徴として挙げられます。

続いてソフトコンタクトレンズの特徴について話しますが、ハードコンタクトレンズと真逆で、角膜を覆う大きめのサイズで、水分を含ませてできているコンタクトレンズです。水分が含まれているので、例えばドライアイの人でも快適に装着できるのが特徴的です。また、水分を含むことによって、簡単にズレたりすることはありません。その為、運動をする時にはどちらかというとソフトコンタクトレンズの方が向いていると言われています。フォーチュンコンタクト