コンタクトレンズを使用する前には検査をしよう

コンタクトレンズは目に付けて使用する高度管理医療機器なので、購入する時には目の健康のためにも医師の診察を受けた方が安心でしょう。処方箋不要で購入することができる店舗もありますが、処方箋不要と書かれていても事前に検査は受けておくことが基本です。では、眼科での検査は一般的にどんな流れになっているのでしょうか。

まず、眼科で検査をする時にはカウンセリングを行います。カウンセリングでは目の状態やコンタクトレンズをどのように使いたいかなどの質問をされるので、それに答えます。カウンセリングが終わったら目の検査をします。ここでは実際にコンタクトレンズを使用できる目か、健康的に問題ないかなどを調べます。続いて目のデータを調べます。これは視力はどの程度あるのか、角膜の形状はどうなっているかなどを検査します。続いてレンズの選択をしますが、眼科では使用目的に合わせたり、生活環境からその人に合うレンズを提案してくれます。次に提案してくれたレンズを実際にはめてみます。そこで違和感がなければレンズの決定を行います。最後にレンズの取り扱いの指導を受けて検査終了です。

ここで説明したように、それほど検査は時間がかかりませんし、目の健康状態を知ることができます。大事なことなので定期的に検査を受けるようにしましょう。フォーチュンコンタクト