ケアの必要性

コンタクトレンズは眼球に直接くっつけて使用します。そのため衛生的に使用することが求められるでしょう。例えば1Dayにおいては使い捨てタイプになるためケアは必要ありません。一方で1Monthなどの長期間使用するタイプのレンズに関してはその間は適切にケアをします。ケアをしなければ目に悪影響を及ぼします。

コンタクトレンズの汚れは外部からの汚れです。例えばタバコを吸われる喫煙者の方がコンタクトレンズを使用している場合、タバコの煙がコンタクトレンズに付着し汚れが発生します。タバコにはタールやヤニなどの物質が含まれており、それが原因でレンズが汚れます。また、手の汚れがレンズを触ることで汚れが付着します。外出しない時は汚れが付着しづらいため、ケアをあまりしない方もいるのではないでしょうか。汚れは外部だけでなく、内部からも発生します。それが涙です。涙にはタンパク質や脂質が含まれており、それが原因で汚れを発生させます。レンズの表面だけでなく、ソフトコンタクであれば内部にまで汚れが及びます。

ケアを怠れば角膜を傷つけてしまう原因になります。また、結膜炎などを引き起こす可能性があります。普段からケアする習慣を見に付けましょう。フォーチュンコンタクト